HOME > あま神研究所 > 売れる場所を作り出す方法

売れる場所を作り出す方法

リサーチした商品がアマゾンで販売ページがない

みなさんはこういう場合どうしますか? 出品しないと言う人がほとんどでしょうね。

私は、お客様にとって価値ある商品であると判断した場合は自分でカタログページを作成し売れる場所を作るようにしています(当然利益率も高く自分にとっても価値がある商品の場合です)

アマゾンのカタログ作成を難しく思われているのか、自分でカタログを作って出品する人は少ないように感じます。

手間が掛かるからと敬遠する人も多いでしょうが、誰も出品していない商品を販売する訳ですから、思った以上に高値で販売できたというケースも多いですよ。

商品を新規登録するには

amazonで商品を新規登録

カタログ検索の下にある「商品を新規登録」ボタンをクリック

amazonで商品を新規登録

カテゴリーを絞り込んで選択

間違えたカテゴリーに出品しないよう注意。

類似商品のカテゴリーを参考にしたり、分からない場合はテクニカルサポートに問い合わせます

amazonで商品を新規登録

ここからがみなさん面倒に感じる部分でしょう。

  • ■重要情報:商品名、ブランド名、メーカー名、型番、ブラウズノード、JANコードなど
  • ■出品情報:通常の出品ページと同様
  • ■画像:商品画像スタイルガイドラインを確認すること
  • ■説明:商品の仕様、商品説明文
  • ■キーワード:1項目200バイトまで×5項目(合計1000バイト)キーワードの間は半角スペース
  • ■詳細:サイズなど、商品ジャンルにより入力項目は異なる

各ページマークは必須項目となります。 (必ず正確な情報を入力すること)

タイトルに仕様できない記号、説明文に利用可能なHTMLタグ、画像の撮影方法など細かな指定がありますから、はじめてカタログ作成する際はシッカリとガイドラインを確認しましょう。

よく間違いが見受けられるのが商品名です、ヤフオクとは異なりますから注意が必要。

商品名には、メーカー・ブランド名・仕様・型番を含む、商品の正式な名称を記載。

  • ・本来の商品名と関係のない文章や記号を含まないようにする
  • ・それぞれの単語を半角スペースで区切る
  • ・スペースも含め全角50 文字以内で入力
  • ・スペースは半角で入力
  • ・半角カタカナは使用不可
  • ・英数文字、ハイフンは半角で入力
  • ・特殊文字、機種依存文字は、使用禁止
  • ・セール、OFF率、激安、送料無料、限定予約、入荷日、シーズン等をタイトルに入れるのはNG

あとはカテゴリにより規約が細かく分かれていますから、コチラの → 「ヘルプページ」で出品するカテゴリの規約を確認してください。(リンク先セラーセントラルへのログインが必要)

在庫ファイルテンプレートのところの「商品登録規約」からダウンロードできます。

キーワード設定の注意点

以前の16文字×5項目(80文字)から大幅に容量アップされ、合計1000バイト入力可能となっていますが1項目(1行)あたり200バイト以下にすること、オーバーすると検索対象にならない場合があります。全角1文字を2バイトとすると1行あたり100文字が目安(キーワード間の半角スペースを考慮すると100文字未満になります)

商品タイトルに含まれるキーワードは検索対象になっているため、同じキーワードを重複して登録する必要はありません。

ひと繋がりの複合キーワードは別々で登録する必要があります。
例えば「枕カバー」だけ登録した場合は「枕」「カバー」単体としては検索対象にならないため「枕カバー」「枕」「カバー」それぞれをキーワード登録します。

「はさみ」「ハサミ」「iPhone」「IPHONE」ひらがな・カタカナはどちらか片方を登録でOK、英字の大文字・小文字もどちらか片方でOK

競合商品の名称など、関係無いキーワードを入力するのはNGです。

キーワードをたくさん入力するほどに検索に掛かるのかというと、そういう訳ではなく、文字数オーバーやペナルティで検索に掛からない場合もありますから、適切なキーワード入力を心掛けて下さい。

実際にAmazonで検索してみて検索結果に表示されるか確認も忘れないようにしましょう。

必須項目ではないため忘れがちなブラウズノードの登録

ブラウズノードを登録していないと検索に掛からない可能性が高いです。
より深い階層まで選択してノード登録を行います。

amazonで商品を新規登録

重要情報のページで、推奨ブラウズノードの変更をクリック

amazonで商品を新規登録

より深い階層まで選択してノードを登録

amazonで商品を新規登録

現在のブラウズノードに表示されます。

ブラウズノードは2個まで登録可能です、上記のチャイルドシートの場合は、「ベビー&マタニティ」以外に「カー&バイク用品」のチャイルドシートで登録すると良いでしょう。

カタログ作成に時間を掛けるぐらいなら他の商品を仕入れてきた方がマシ。と考える人には向きませんが、長期的にアマゾンで販売をして行きたいと考えたらカタログ作成も必須スキルの一つかと思います。

アマゾンでの画像登録について

アマゾンで出品していると画像登録をすすめる案内が届いたり、セラーセントラルでも画像が無い商品は改善対象に表示されたり、画像が無い商品は検索で掛かり難くなるなど、出品者に画像登録をすすめるのですが画像の著作権についてはグレーな感じです。

■画像登録の際の知的財産権についてのAmazonの回答は以下

『まず、カスタマーイメージへの画像登録につきましてご説明させていただきます。カスタマーイメージは、本来購入者様が購入商品をご使用いただいている画像など、参考イメージとしてご登録いただいており、出品者様より販売促進の目的でのご投稿はお控えいただいております。

また、投稿画像は著作権者の権利を害していないものである必要がございます。

また、セラーセントラル内「在庫管理」画面では「情報改善を推奨」と記載がでている商品がございます。ご出品商品ページをより購入者様へわかりやすいページとするために出品者様へ画像の登録等推奨しており「商品ページに画像があることが望ましい」というのが当サイトの見解です。

今後はカスタマーイメージではなく、出品用画像はセラーセントラルからのご登録をお願いいたします。

なお、当サイトへご登録いただく画像の著作権につきましては、出品用画像の場合も権利を侵害していない画像をご登録いただく必要がございますので、事前に必ず確認の上アップロードいただきますようお願いいたします。

具体的な権利を侵害しているケースは、例えば該当商品の商品画像を、使用許諾を得なければならないメーカーのホームページから無断でコピーして使用する場合などです。第三者のホームページには、必ず著作権の使用に係る規制が設けておりますので必ずご確認ください。

それ以外の場合におきましては、確かに著作物を適法に譲渡する場合などは、著作権者の利益を不当に害しない措置を講じること等を条件に使用が可能という場合もございます(著作権法47.2条)。

しかし、著作物は、著作権者によって使用に係る許諾範囲や解釈が異なります。著作権者に許諾を得なくても使用を可能としている場合もあれば、当然そうでない場合もございます。

従いまして、プラットフォームを提供しているアマゾンが、すべての場合においてどの画像が権利を侵害しているかという判断はいたしかねますことをご理解いただきますようお願いいたします。』
〜ここまで。

出品者に画像を載せろと言うわりに、著作権については自分で何とかしろよ。という無茶ぶり…

他人の画像を利用するのは当然NGですが、デジカメ撮影やスキャンした画像で著作権侵害を言われたらと思うと困りますね。売れたら画像削除した方がよさそうです。

私が出品している商品で、Amazon.co.jpも販売しているのに画像が無いという商品が結構あります。出品者に画像登録を求める前に自社で販売している商品ぐらい画像登録してくれないか〜と思いますね。

もしかして、自社で取り扱う商品が多すぎて画像登録が面倒だから出品者に登録させたいのか?

PAGE TOP
inserted by FC2 system