HOME > あま神研究所 > FBA納品の注意点と保管手数料を安くする方法

FBA納品の注意点と保管手数料を安くする方法

意外と見落としがちなFBA納品ルールを再確認

FBAの手数料計算については、AmazonがFBA料金シュミレーターという料金計算ツールを用意してくれてますので活用しましょう。⇒ FBA料金シュミレーター

アマゾンのFBAサービスを利用している人は多いと思いますが、意外と納品ルールを理解していない方も多いようですね。Amazonヘルプが複雑すぎてどこに記載してあるのか分かり難いのかも知れませんが…

注意事項の詳細について

FBA納品の注意事項

このようにたくさん記載してあるわけですが、大型商品は輸送箱サイズの基準が異なるため勘違いしている方もいるようですね。

ちなみに大型商品とは →商品寸法が45×35×20cmのどれか一辺でも超える、あるいは寸法を問わず梱包時の重量が9kg以上のすべての商品が大型商品として扱われます。

21×21×21cmの箱なら小さく感じますけど、残念ながら大型商品です。

Amazon商品サイズ一覧

上記を踏まえて輸送箱サイズのおさらいをすると、

一部の大型商品を除き、50cm×60cm×50cm以下・重量30kg以下の輸送箱で送る
(3辺合計160cmという意味ではないので注意!30cm×80cm×50cmではNGということ)

※2014年9月 輸送箱サイズの基準が変更され、40cm×60cm×40cm ⇒ 50cm×60cm×50cm以下となりました。

大型商品1点の三辺が50cm x 60cm x 50cm以内より大きいまたは、30kgより重い場合は、重量40kg以下の輸送箱で送る(箱サイズの規定なし)ただし商品1点につき1輸送箱
3辺合計170cm以上200cm以下の場合は1辺が90cmを超えると納品ができません。

※2015年 輸送箱サイズの基準が変更され、通常大型サイズ三辺200cmの輸送箱が廃止され小型標準と同じく ⇒ 50cm×60cm×50cm以下となりました。

3辺合計200pを超える・40sを超える商品はFBAを利用できない
(大型商品なら良いのでは?と勘違いしそうだが大型家電など1つの商品で3辺合計200pを超えるものなどはNGです)

FBA納品時の輸送箱サイズ表

※2015年6月「超大型サイズ」の取り扱いの試験運用を開始(2015年10月頃から本格運用)

  • 「特殊大型サイズ」サービス概要・納品要件
  • ・全カテゴリーが対象
  • ・商品梱包サイズ三辺合計200cm以内かつ各辺が90cm以内、重量 40kg以下の商品
  • ・納品先は大型商材と同じフルフィルメントセンター
  • ・購入者へそのまま出荷できる状態の梱包で納品すること
  • 試験運用期間中のFBA手数料は、大型区分3と同様の590円
  • ・本格運用へ移行にともない2015年10月21日より特殊大型区分手数料は1250円
  • ・その他、納品手続き・納品要件は通常のFBAの要件と同じ

複数の箱を、バンドやガムテープ等でまとめて1個口として発送するのはNGですから注意してください。わざわざ箱をまとめるようなことをしなくても、ヤマト便なら箱が複数個でも1枚の伝票でいけますから運送会社と相談してお得な方法で発送しましょう。

輸送箱について悩ましいのは、上限いっぱいのサイズで納品したいが「50cm×60cm×50cm」ピッタリサイズのダンボール箱はなかなか見つからないということです… 返送されると困るので、私は使用する輸送箱についてどの辺りまでOKかテクニカルサポートに相談しました。

なかには、明らかにサイズオーバーの箱で納品して返送されている方もおられるようですが、Amazonのシステムを利用する以上ルールを守るのは当然ですから、明らかなレッドカードはやめた方が良いでしょう。もしも違反データを蓄積されていて、ある日突然FBA利用禁止など通告されたらたまりませんね…その前に警告されるとは思いますが。

輸送箱の重量が15sを超える場合は、箱の天と側面に「重量超過」と明示するのを忘れないこと

FBAラベルシールを印刷する際に、同じラベルシートを利用してこういう感じで重量超過のシールをまとめて作って置くと便利です。(画像は24面のラベルシート用に作ったPDFテンプレート)

FBA重量超過シール Amazonでも重量超過シール売ってます⇒
梱包要件について
FBA納品の梱包要件

FBAラベルシールは商品に直接貼り付ける場合は剥離タイプ(きれいに剥がせるタイプ)がオススメ、剥離タイプを使わないならシュリンクやOPP袋等に入れた方が望ましいということです。

OPP袋とはこういうの⇒

輸送箱に使用できる緩衝材は「クッション・エアキャップ・紙」のみ、バラ発砲スチロールやシュレッダー済みペーパーはNG

本、CD、DVDはエアークッションでの梱包や中身が確認できない個別梱包での出品はNG

CDのジュエルケースは輸送時にヒビが入ることがあるので個別にエアパッキン(プチプチ)で包みたいところだがルール上はNG(ただし、正規特典およびセット商品梱包に使用する場合はOK)輸送箱に入れる際に商品の間にエアパッキンを入れるなど対処をして下さいということでした。

パッケージに入っていない裸の商品をそのまま納品するのもNG

ビニール袋、シュリンクラップ、箱等でしっかり封印されていること (商品を食品用ラップフィルムで巻いての納品はNG)
玩具に使用する開口部15cm以上のビニール袋については、最低4箇所の通気口となる穴が開いている、もしくは、窒息注意の情報が書いてあるか、窒息注意の注意書きが中に入っていること

窒息注意ラベルの例

FBAラベルシールを印刷する際に、同じラベルシートを利用してこういう感じで窒息注意のシールをまとめて作って置くと便利です。(画像は24面のラベルシート用に作ったPDFテンプレート)

私は、OPP袋に4か所通気口を開けた上で窒息注意のシールも貼っています。

このルールを知らないせどらーさん多いですけど、人命に係わりますから何かあってからでは手遅れです、注意しましょう。

コミックセットの場合はタイトル表記の巻数をひとまとめにして納品する

10巻セットの商品なら、10巻揃えてバラバラにならないようビニールラッピングで包むか、丁度良いサイズの箱に入れましょう。

「BOX商品 出荷時開封厳禁」という開封厳禁シールを貼付するよう推奨されています。

大型商品で複数個口で1セットとなる商品はNG

ステレオコンポなど本体とスピーカーが別箱の商品をバンドでまとめて納品してはいけません。全てのパーツが収まる箱に入れてから、その箱にラベルを貼って納品します。

こちらも「BOX商品 出荷時開封厳禁」という開封厳禁シールを貼付した方が良いでしょう。

必要のあるラベル及びバーコード以外は隠す

FBAラベル以外のバーコードがあると間違えてスキャンする可能性があるからシールを貼るなどして隠します。バーコード全体を隠すのがベストだと思いますが部分的に隠す場合は下の図を参考に縦方向に隠すこと。

FBA納品バーコードの消し方の例
FBAラベルの印刷モードについて

FBAラベルを印刷する際にインク節約モードなどを利用すると太い線は外周のみ印刷されることがあり、バーコードが読み込めなくなる可能性があります。

FBAラベルの印刷ミスの例

FBAラベルのファイルを印刷する際に「Adobe Reader」以外のPDFリーダーを利用すると印刷位置のズレが発生することもあります。

新しいFBA納品プランになってからは、以前と異なり複数の箱で納品する際の「納品ラベル」が箱ごとに異なりますから注意しましょう。(正確な箱数の入力が必要です、以前の納品プランで1枚出力してラベルをコピーしていた人は間違えないように。)

新しいFBA納品プランでは他にも、

商品ラベル印刷画面より次の画面に進むと商品情報の追加、削除ができない

商品ラベルの印刷が、100SKUごとに出力される仕様になり100枚以上の場合一度で印刷できない

など、使い難く感じる部分がありますね。

輸送箱への過剰なテープ張りは控えましょう
FBA納品時の輸送箱のテープの張り方

FBAへ納品する際の輸送箱は、シッカリとした強度のあるものを利用し過剰なテープ張りは控えましょう。みんなが心掛けることで全体的に受領速度のアップが見込めます。

悪い例にある、輸送箱のテープと納品ラベルが重なっているような状態はNGです。箱を開封した状態でも容易に確認できる位置に納品ラベルは張りましょう。

FBA納品時の輸送箱の加工はNG

昔はそこまでキビシクなかったですが、今ではホボ受領不可となるはずです。

FBA納品で受領不可の加工例

大きなダンボール箱が見つからず、2つの箱を繋ぎ合わせてはダメです。

FBA納品で受領不可の加工例

箱の隙間が大きいから上部を小さく加工するのもNG

箱を繋ぎ合せたり、箱上部が閉じないから別のダンボールで蓋を作る。これらは明らかに強度が低くなりますからNGなのも理解できますけど、上部の短縮については疑問を感じますが…

新品の状態で、容量に合わせて二段階の織り目を用意してあるダンボールもありますからね〜。再利用ダンボールの場合は上部短縮すると表面デザインが明らかに違和感ありますから受領不可になるでしょう。無地ダンボールならどうですかね…

FBA納品時の輸送箱について一番気にしないといけないのは、手荒に扱われても中身の商品を守れるだけの強度があるか?ということです。Amazonがキビシク受領不可の対応をとるようになったのも、適切な梱包がされておらずダメージを負った商品へのクレームを受けたくないからでは。

受領不可となると通常運賃の着払いで返送となると思われます。受領不可になるぐらいなら、はじめから一箱多くなったり梱包サイズが1ランク上がるなどの料金増加を容認した方が結果的に安く上がります。

受領できない商品の例
FBA納品で受領できない商品の例
納品が受領されない場合の流れ
FBA納品で受領できない場合の流れ

よくある誤りとして記載されている点が返送に繋がりやすいミスです、十分に注意しましょう。

FBAでの出品が禁止されている商品
  • 1.日本国内における各法律や基準を満たしていないもの
  • 2.常温管理できない製品
  • 3.食品、食品を含む製品、食品以外で期限表示のある製品(要期限管理商品)
  •  ※大口出品者は(要期限管理商品)のFBA出品許可を得ることで出品可能なケースあり
  • 4.動植物
  • 5.危険物および化学薬品
  •  ※リチウム含量がセルで1g、バッテリーで2g以上の製品
  •   (1商品単位に9個以上電池が入っている製品もNG)
  •  ※リチウム容量がセルで20Wh、バッテリーで100Whを超える製品
  •   (1商品単位に、3個以上電池が入っている製品もNG)
  •  ※「火気厳禁」「危険物第○類」等の表記があるもの
  •  ※エアゾール製品
  • 6.販売にあたり関連省庁などへの届出や許可等が必要なもの
  •  ※医療機器、医薬品、酒類、タバコ、金券、各種商品券、切手、印紙、イベント券など
  • 7.販売禁止商品またはプログラムポリシーで禁止される商品
  • 8.リコールに該当する商品または日本で適法に販売、頒布することができない商品
  • 9.ネオジウム磁石及び磁気が他商品に影響を及ぼす恐れのある強力磁石
  • 10.ピンポン玉(卓球ボール)

家電製品・マッサージ器等で、意外とFBA出品が出来ない商品があります。

内蔵リチウムバッテリーが危険物に該当する、医療機器に該当する等が原因であることが多いです。FBA出品を検討している商品では、他出品者がFBA出品しているのか確認して見ましょう。もしもいない場合は一度出品手続をして確認する、もしくはテクニカルサポートに問い合わせて確認をしましょう。

2016年5月頃からAmazonが開催しているFBA危険物取り扱いセミナーを受講することで、一部の危険物についてはFBA販売が可能となりました。セミナー内容についてはサイト等への記載が禁止されておりますので、気になる方はテクニカルサポートに問い合わせてください。

納品元住所による納品先FCの一覧
FBA納品元住所による納品先FCの一覧

FBA納品不備受領作業手数料

2016年8月15日から、FBA納品不備に対して受領作業手数料が請求されます。

FBA納品不備受領作業手数料

Amazonの裁量により、要件に従っていない商品を着払いで出品者へ返送する場合がある。というルールは以前からありますが、いままではFBAラベルを1枚貼り忘れたとか軽微なミスについてはAmazonの裁量によりFBAで処理してくれてたみたいですが(私は経験が無いので分かりません)そのような作業に対して手数料を徴収するということです。

問題の項目に「エアキャップ・テープ」など分かり難い点がありますが、

エアキャップでの梱包が必要なのは、明確な割れ物商品(陶器製、ガラス製など)が、適切に保護されていない場合等

テープでの梱包が必要というのは、「梱包要件」のぬいぐるみ・布製品などの袋詰め商品について、開口部が適切に封印されていない場合等です。

この手のミスは、無い人は全く無いが、有る人はなんども繰り返す。そういう傾向が強いかと思います。そういうことからも、料金は初回よりも次回以降の価格がほぼ適応されるだろうと考えておいた方がよさそうです。

ムダな経費を発生させないためにも、ルールを守り適切な納品作業を心掛けましょう。

FBA納品先FCの住所一覧
FBA納品先FCの住所一覧
FBA納品先FCの郵便番号変更
FBA納品先FCの郵便番号変更

FBAセンターが大口事業所郵便番号を取得しましたので、2014年8月1日より郵便番号が変更。

  • ・市川FC(NRT1)〒272-0193
  • ・川越FC(NRT5)〒350-1182
  • ・狭山FC(HND2)〒350-1395
  • ・川島FC(HND3)〒350-1095
  • ・小田原FC(FSZ1)〒250-8560
  • ・堺FC(KIX1)〒590-8589
  • ・大東FC(KIX2)〒574-8531
  • ・鳥栖FC(HSG1)〒841-8505
  • ・多治見FC(NGO2)〒507-8585

住所の記載を省略することも可能となっていますが、配送伝票の記載については、ご利用の運送会社に確認してからの方が安心です。(集荷ドライバーの端末機が住所選択タイプだと郵便番号のみでは面倒かと思いますから)

FBA納品先の変更

2015年6月1日以降、購入者の需要分布と各フルフィルメントセンターの在庫のバランスなどの要因をもとに、Amazonが最適と考える納品先フルフィルメントセンターが指定されます。

納品手続きの都度、商材、サイズごとにいずれかのフルフィルメントセンター 1か所が納品先として指定されます(2015年6月1日以降順次適用を拡大)

2015年6月1日以降のFBA納品先FCの一覧

ファッションカテゴリー以外の商品に関しては、都度異なるFCへ納品することが難しい場合、テクニカルサポートへ連絡し納品先FCを固定できます。

  • ・小型・標準サイズ商品(ファッション以外)の納品先
  • [ 小田原FC、堺FC、鳥栖FC、市川FC、多治見FC]から一つ選択
  • ・大型サイズ商品(ファッション以外)の納品先
  • [ 川島FC、大東FC、八千代FC、鳥栖FC]から一つ選択

FBAマルチチャネルサービスで無地ダンボールでのマルチチャネルの出荷希望を選択することにより、FC固定と同じような効果を得ることもできます。

無地ダンボール出荷に対応しているのが「川越/小田原/川島/大東FC」のため、小型は小田原へ、大型は川島/大東という感じで振り分けられます。

他のFCが無地ダンボールに対応したらダメになる方法ですけどね、いまのところ関東の人には有効な方法かな。

納品先変更についてよくある質問

商品ラベル貼付サービス

AmazonはFBAラベルを貼り付けるサービスを提供しています。要件としては、

  • ・すべてのコンディション(新品、中古品、コレクター品、再生品)で利用可
  • ・FBA禁止商品を除く商品で、バーコード・カタログの要件を満たす商品が対象
  • ・商品を識別する読み取り可能なバーコードが商品に付いていること
  • ・バーコードを使ってAmazon商品カタログに登録されていること

コミックセットなど、商品単体にバーコードはあるがセットとしてのバーコードが無い、JANの数字は印刷してあるがバーコドが無い、中古CDで帯が無く本体にバーコードが無い、このような場合はサービスを利用できません。

商品ラベル貼付サービスの1枚あたりの手数料は、小型・標準商品:19円/大型商品:43円

商品ラベル貼付サービス料金一覧
FBAマルチチャネルサービス

AmazonのFBAマルチチャネルサービスを利用すると、別の販売経路で受注した商品をFBA倉庫から発送することが可能です。特徴としては、

  • ・通常配送のほか、お急ぎ便、お届け日時指定便の選択可能
  • ・納品書カスタマイズ可能
  • ・川越/小田原/川島/大東FCでは無地ダンボールでの出荷が可能
  • ・購入者からの返品先をFBAにすることも可能(出品者による手続きが必要)
  • ・ギフト包装は対応できない
  • ・代金引換の利用可(代金引換の手数料は、注文1件につき324円)
  • ・配送業者の指定はできない
  • ・Amazonに出品していない商品でもFBA納品していれば利用可能

FBAマルチチャネルの料金一覧

FBAマルチチャネルの料金一覧

FBAマルチチャネルの利用はアップロードファイルからまとめて行うことも可能ですが、通常はセラーセントラルの在庫管理から商品を選択し出荷依頼を行うケースが多いでしょう。

FBAマルチチャネル

在庫管理から、FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成を選択

FBAマルチチャネル

各項目へ入力します。顧客のEメールアドレスを入力するとお客様へ発送通知が送られます、任意項目ですから送信不要なら入力しないでOK

注文番号は独自で設定したい場合は入力、納品書へ印刷される番号を変更したい場合は「同上」のチェックを外して印刷したい番号を入力します。コメントも独自で変更可能です。

FBAマルチチャネル

出荷オプション、配送スピードを選択して内容を確定します。

全国一律料金で発送できる小さな商品は自社発送を利用する人が多いと思いますが、宅配サイズで購入者の地域次第ではマルチチャネル発送の方がお得というケースも出てきますから、有効に活用してみて下さい。

FBA保管手数料を安くする方法

アマゾンで販売している商品のカタログページの中には、出品者が作成したカタログページが多数存在します。皆さんできるだけ正確に情報を入力するように努めているとは思いますが、明らかに実際の商品寸法・重量と異なる商品があったりします。

実際の商品よりも大きな数値を入力されていると、その分FBA在庫保管料も多く支払っています

間違いに気付いた場合は、実際の商品寸法と重量をテクニカルサポートに連絡すると調査の後、適正な値に訂正してもらえます。

小さな商品の場合は月の保管料が数円だったりしますからそれほど気になりませんが、大型商品だと毎月数百円の保管料が掛かったりしますから大きな誤差がある場合は無視できません。

間違いのある商品にFBA出品している全員が余計な保管料を徴収されている訳ですから、間違いに気づいた人はどんどんアマゾンに連絡しましょう。

上記のようなことから、正確にはFBA保管手数料を適正に戻す方法となりますね。

やさしいせどり学
PAGE TOP
inserted by FC2 system