HOME > あま神研究所 > セット本せどりの注意点と便利なツール

セット本せどりの注意点と便利なツール

コミックセット本せどりで見落としがちな注意点と検索に便利なツールを紹介

膨大な数の単行本のタイトルをリサーチするよりも、割と簡単に検索できるということでコミックセット本せどりに取り組んでいる人も多いかと思います。

リサーチしやすい反面、セット本せどりはセット内容が揃うまで出品できず保管場所を圧迫したり、重量が重くなるため運賃を安く抑える契約をしていないと送料面のデメリット等あります。

Amazonでコミックセットの出品を見ているとアレレと思う出品者を見掛けます。出品コンディションガイドラインを確認していないのだろうと思いますが、ルール違反であり、購入者さんからのクレームに繋がる可能性が高いし、ガイドライン違反ということはアカウント停止などの措置に繋がる可能性もあります。

ガイドラインを把握している人にとっては当たり前の内容と思いますが、チェックしたこと無い人はシッカリ確認していきましょう。

まずは基本となる本のコンディションガイドライン

本のコンディションガイドライン

これ見るといつも思いますが、Amazonの本のコンディションガイドラインに合わせて出品したら、半分以下のページに書込みあったり蔵書印があってもコンディション「良い」で出品できる訳ですが、はたしてそれを購入者さんが受け入れてくれるかは別です。

購入者さんが満足いかなければ、クレーム・悪い評価へ繋がる可能性が高く、アマゾンの基準よりも厳しめの独自基準でコンディションを選択している出品者も多いはずです(私も独自基準)

付属品が無い場合は
付属品欠品の場合のコンディション

2013年2月16日から、付属品が欠品の本も出品できるようになりましたが、コンディションは「可」で出品しないとガイドライン違反となります。

勘違いしている人がいると思いますが、Amazonのコンディションというのは完品(すべてそろった状態)を基本として商品の状態がどうであるのか?を購入者さんに知らせている訳です。

付録CDは欠品してるけど本は新品みたいに綺麗です、コンディション「ほぼ新品」とかNG。購入者さんは完品であることを前提で商品の状態を知りたいのです。

付録欠品がある時点でコンディションは「可」しか選択できません。本が綺麗だとしてもね…

コミックセットの場合は
コミックセットのガイドライン

一時コミックセットの商品カタログが乱立したから、同じタイトルの本でもどのカタログで出品したら良いのか悩む人もいるかと思います。

商品タイトルに記載してある巻数を揃えて出品するというのが規則です。

全○巻完結とあれば全巻そろえる必要がありますし、1〜○巻とあれば記載されている巻までをそろえる、1〜最新巻とあれば最新巻までを揃える、商品説明に○巻だけ抜けてますと記載して出品するのは違反です。

唯一、抜け巻の状態で出品できるのは出品カタログのタイトルに巻数の記載が無く「マーケットプレイスコミックセット」とだけ記載されている場合のみです。

巻数の記載がないカタログの例

↑こういう商品カタログ

すべてのコミックでこういうカタログを作ってくれると良いんですけどね〜

Amazonテクニカルサポートに相談してもこのようなコミックセットのカタログを新たに作らせてくれないし、既存カタログの巻数が揃わないなら単品カタログで販売して下さいと言われます

私は、完結している作品に関しては、完結セットのカタログと巻数記載なしのセットカタログ、未完の作品に関しては最新巻までのカタログと巻数記載なしのセットカタログ、こういう風に統一した方が購入者さんも助かるのではないかと考えています。

ついでに、

外箱とコンディション選択の関係

エレクトロニクス、楽器、ホーム(家具・インテリア・キッチン)、ホームアプライアンス(小型白物家電)、スポーツ&アウトドア、カー&バイク用品、おもちゃ&ホビー、文房具・オフィス用品、DIY・工具、産業・研究開発用品、パソコン・周辺機器、大型家電、カメラ

外箱とコンディション選択の関係

これも間違えている出品者をよく見掛けますので確認しておきましょう。

新品販売時のメーカー純正箱の列を見て下さい、

外箱が無い場合はコンディションは「可」しか選択できません。たとえ新品展示品で未使用だったとしても…です。

■セット本せどりに便利な検索ツール

Googleで検索して頂くとセット本に特化した有料のリサーチツールがいくつか見つかるかと思いますが、まだ有料ツールに手が出ないという人のために無料から使えるセット本のリサーチに便利な検索ツールを紹介しておきます。

・ハウラー http://teinei-sedori.com/tool

こちらのツールで「タイトル+セット」検索すると、発送サイズ(区分)・手数料の目安などを確認することができます。ハウラーは「お宝本棚」としてバージョンアップし機能強化と一部有料サービスも準備中のようです。

・小全巻君 http://kozenkankun.link

こちらのツールはタイトルだけ入力するとセット商品だけを表示します。発送区分の表示はありますが手数料目安の表示はありません。有料版の全巻君ではスマホのカメラで、どれか1冊のバーコードを読み込むとセット商品を表示します。

・Amazonほしい物リスト http://www.amazon.co.jp

意外と見落としがちなのがアマゾンのほしい物リスト、コミックセットはリスト管理しやすいから、五十音順でほしい物リストを作ってタイトル名・作者名・出版社名など、自分の管理しやすい方法で順番に並べたリストを作れば便利に使えると思いますよ。

PAGE TOP
inserted by FC2 system