HOME > あま神研究所 > アマゾンFBA手数料まとめ

アマゾンFBA手数料まとめ

たびたび値上げされるアマゾン手数料

Amazonの各種手数料というのは、たびたび値上げされ多くのせどらーさんのたちの頭を悩ませています。

2018年4月24日に料金体系の変更とFBA手数料改定が行われますので、それらを含め全体のFBA手数料をまとめておきます。

FBAの手数料計算については、AmazonがFBA料金シュミレーターという料金計算ツールを用意してくれてますので活用しましょう。⇒ FBA料金シュミレーター

配送代行手数料

(2018年4月23日出荷分までの手数料)

配送代行手数料 改定前

サイズ区分について分からない人はコチラのページから⇒FBA納品の注意点

2018年4月24日出荷分から適用の新料金

配送代行手数料 改定後

※高額商品0円というのは、45,000円以上の小型・標準サイズに適用されます(大型は対象外)

2018年4月24日から料金体系の変更により、今まで(出荷作業手数料+発送重量手数料)だったものが配送代行手数料としてひとまとめにされます。※個数あたりで手数料が掛かる

さらに、今までは小さな商品であり割安料金となっていたメディア区分が廃止されます。

配送代行手数料の改定によりもっとも影響を受けるのは、メディア区分の商品を多く扱う、本せどりやCD/DVDせどりなどをメインとしているせどらーや、消耗品のまとめ買いなど発送重量手数料が安くすむことで利益を上げていたせどらーです。

簡単に配送代行手数料だけを比較してみると

  • 標準サイズ2s以下のおもちゃの場合
  • 旧料金(329円)→ 新料金(360円) 31円の値上げ
  • 標準サイズ2s以下の本(メディア)の場合
  • 旧料金(174円)→ 新料金(360円) 186円の値上げ

このようにメディア商品においては手数料の負担が大幅に増加しますから販売価格が1,000円に満たない商品などは注意しないと、今までの感覚で仕入れてしまうと赤字になる可能性すらあります。

小型に分類される本(メディア)においても80円の手数料増加となりますから、今までの仕入れ基準の利幅にプラスして判断するようにしましょう。

全体的に手数料値上げとなりますが、旧料金体系のメディア以外(小型)に関しては、旧料金(245円)→ 新料金(226円) 19円の値下げとなります。

しかし、メディア以外の小型を扱っている人は少ないだろうからホボ恩恵なしでガッツリ値上げですね…

在庫保管手数料

(2018年4月30日在庫分までの手数料)

在庫保管手数料 改定前

2018年5月1日在庫分から適用の新料金

在庫保管手数料 改定後

FBA在庫保管手数料については、今まで年間通して一律で約8円だったのが、年末は値上げしその他の期間を若干値下するカタチになっています。

FBA在庫保管料については計算するよりFBAシュミレーターで確認する方が簡単だと思いますが、新料金での計算例(10〜12月の場合)を一応書いておきます。

9円 × {[商品サイズ(cm3)] / (10cm×10cm×10cm)}×[保管日数 / 当月の日数]

なんか分かり難いですね、例えばサイズ(25cm×15cm×10cm)の玩具を1ヵ月(30日)保管したとしたら、

9 × {(25cm×15cm×10cm)/(10cm×10cm×10cm)}×[30/30] = 33.75円

このように計算します、CD/DVD/本など容積の小さな商品に関しては1ヵ月保管したとしても2〜4円程度です。

FBA商品ラベル貼付サービス手数料

(2018年4月23日作業分までの手数料)

FBA商品ラベル貼付サービス手数料 改定前

2018年4月24日作業分から適用の新料金

FBA商品ラベル貼付サービス手数料 改定後

納品不備受領作業手数料

(2018年4月23日作業分までの手数料)

納品不備受領作業手数料 改定前

2018年4月24日作業分から適用の新料金

納品不備受領作業手数料 改定後

購入者返品手数料

購入者返品手数料は、Amazon.co.jpのファッションカテゴリー商材(服・ファッション小物、シューズ、バッグ類)を購入者が「30日間返品送料無料」を利用して返品する場合に発生します。

(2018年4月23日までの手数料)

購入者返品手数料 改定前

2018年4月24日から適用の新料金

購入者返品手数料 改定後

購入者返品手数料については配送代行手数料と同額となっていますので、配送代行手数料の改定にともない変更となります。

また、45,000円を超える高額商品や複数の商品を一度に返品された場合も、商品ごとに購入者返品手数料がかかります。

長期在庫保管手数料

在庫一掃チェックの日程: 8月15日、2月15日

長期在庫保管手数料

在庫一掃チェック実施日( 8月15日、2月15日)にFBAでの保管期間が6か月以上に該当する在庫は、1000立方センチメートル(10cm x 10cm x 10cm)あたりで請求される長期在庫保管手数料の対象となります。

FBA在庫の返送・所有権の放棄 手数料

FBA在庫の返送および所有権の放棄には手数料が発生します。

FBA在庫の返送・所有権の放棄 手数料

上記の返送手数料には、配送料が含まれています。

手数料・経費の増加をどうとらえるか

将来的な人件費の高騰を考えると今後も手数料や経費の増加は避けられないと思います。

上手に売り値に「価格転嫁」できるのか?

1円でも安値で出品し我先に売りぬきたいと考えているせどらーさんが苦手な部分かも知れませんね。

赤字で販売していたのでは商売は継続できませんから、マーケットプレイス出品者のみんなが出品価格に転嫁して商品相場じたいが高値になるのを願うしかありませんね。

減らせる経費は無いのか

FBA納品やユーザーへの配送、この部分の経費がもっとも他社と差別化しやすい部分であり、他セラーよりも安く発送することができれば優位になります。

ただし、運送会社が全体的に値上げの方向にすすんでいますから良い条件で運送契約を結ぶことは簡単ではありません。

大量に荷物を扱うことでコストダウンしている代行業者などの利用を検討するのも一つの方法です。

CC便
PAGE TOP
inserted by FC2 system