HOME > ツール&効率化 > チャットワークAPIドキュメントを活用し通知を表示

チャットワークAPIドキュメントを活用しChrome拡張機能で通知を表示させる方法

チャットワークAPIドキュメントを使ってグループチャットの通知を表示させてみよう

連絡方法の一つとしてチャットワークを利用している人も多いですね。

スマートフォンにチャットワークのアプリをインストールしておくと、プッシュ通知で自分へ連絡があった場合は知らせてくれますから便利です。

iPhone、iPad用アプリ

Android用アプリ

グループチャットへ参加していて、自分への投稿でない場合はプッシュ通知が無く見逃してしまったり、PC作業に集中している時はスマートフォンへの通知も見逃してしまうケースがありませんか。

常にブラウザでチャットワークを開いているという人なら必要ありませんが、チャットワークを閉じた状態でも通知を確認したいという人ならChatWork Notifierを便利に活用できるかと思います。

プレビュー版として公開されているチャットワークAPIドキュメントを使用しますから、まずは下記サイトへアクセス(チャットワークにログインしてからアクセスするとスムーズ)

http://developer.chatwork.com/ja/

チャットワークAPIドキュメントHome

「こちらのリンク」のところをクリック ※チャットにログインしてない場合はココでログイン

チャットワークAPIドキュメント申し込み

「チャットワークAPIお申込み」をクリック

チャットワークAPIドキュメント申し込み完了

申込完了の画面です。(利用可能になる通知が届くまで半日〜1日程度掛かります)

利用可能の通知が届いたら

チャットワーク動作設定

チャットワークの動作設定をクリック、今まで無かったAPI発行というタブが追加されています。

チャットワークAPI発行

指示されているボックスにチャットのパスワードを入力し表示をクリック

チャットワークAPIトークン

自分専用のトークンが表示されますから、コピーしてメモ帳などに保存して置きます。

続いて、Chromeに拡張機能を追加します。

ChatWork Notifier

デスクトップのアイコンもしくは、ChromeのアプリランチャーからChatWork Notifierを起動。(ブックマークバーの左端にアプリランチャーのアイコンが表示されているはずです)

チャットワークAPIトークン貼り付け

メモ帳に保存していた、トークンを貼り付けて保存をクリック

通知が不要なチャットIDがある場合は、通知を受けたいIDのみをカンマ区切りで入力します。

チャットワーク動作設定

チャットワークの動作設定をクリック

チャットワーク通知の表示時間を設定

通知設定のタブで通知時間の設定ができます、PCの前から離れることが多い人は表示が消えない設定にしておくとチェック忘れがありません。

チャットワーク通知の表示

誰かがチャットに書き込むとモニター右下にこのような表示が現れます。

残念ながら私のようにブラウザを閉じるたびにクッキーを消去する設定にしているとチャットワークへのログイン状態が保持されないため、残念ながら一度ログインしてからでないと通知表示がされませんでした…ということでイマイチ役に立たず。

そういう特殊な設定をしていない人であれば非常に便利に通知を受け取ることができると思います。とくに自分でグループチャットを立ち上げてメンバーのサポートをしているリーダーなど、メンバー間のやり取りまで配慮する必要があるでしょうから役立つと思いますよ。

PAGE TOP
inserted by FC2 system